【元彼連絡したい、2年】元彼とひさしぶりに連絡を取るときに7つの気を付けることとは?

【元彼連絡したい、2年】元彼とひさしぶりに連絡を取るときに7つの気を付けることとは?

【元彼連絡したい、2年】元彼とひさしぶりに連絡を取るときに7つの気を付けることとは?

 

「元彼とやっぱり復縁したい」
「2年も経ってしまったけどなんて連絡したら良いんだろう?」

 

別れてから時間が経つと、
彼に連絡するだけで緊張してしまいますよね。

 

今から、久しぶりに彼に連絡するときに、
気を付けてほしいことをご紹介します。

 

 

復縁をあまり感じさせない内容にする

 

復縁を最初から感じさせる内容を送ってしまうと、
彼を驚かせてしまい、
もしかしたら返事に困ってしまうのでNGです。

 

最初は、久しぶりなので世間話などの、
ウォーミングアップから入りましょう。

 

成長した自分をアピールする

 

2年前と今では、
絶対に価値観や考え方、色々と変わっていると思います。

 

近況報告をしながら、成長したあなたをアピール出来たら良いですね♪

 

あまり、
「私、〇〇が出来る様になったんだよ!」
のような褒めて褒めてとアピールするのではなく、
彼がもしかしたら気付くかな?程度に、
見せることが出来たらもっと良いです。

 

返信するのに困ってしまう、内容のないメッセージは送らない

 

「久しぶり!元気にしてた?」
これは鉄板ですがあまりおススメはしません。

 

この連絡の仕方だと、お決まりで、
「元気だよ!」
の1ターンで心が折れます。

 

なので、
「〇〇とこの間、たまたま会ったよ!仕事忙しくしてるって聞いたけど、大丈夫なのー?」
と少し踏み込んだ内容の方が、
彼も返事がしやすいので良いですよ。

 

ネガティブな発言は控える

 

久しぶりに元カノから連絡が来たと思ったら、
・仕事の愚痴
・最近大変だった話
などのネガティブな話題は聞いてて嫌になります。

 

相談するのも話題の切り口としては良いですが、
連絡が安定してからの方がいいですね!

 

彼も疲れていたり、
ストレスが溜まっているタイミングだった場合、
めんどくさがられます。

 

あまり、自分の話をしすぎない8:2の割合

 

久しぶりに話せて、嬉しさのあまり、
話しすぎないように気を付けて下さいね♪

 

彼もノリノリであれば、
好きなだけ話してください。

 

彼のテンポ感を掴むまでは、彼に話させてあげるのを8割、
自分の話を2割くらいにしておきましょう。

 

過去に付き合っていた時の思い出話をしすぎない

 

懐かしい気持ちからついつい、
昔話をしたくなります。

 

ですが、あまり昔の話ばかりしても、
復縁したい!という気持ちにはなりにくいです。

 

少し懐かしみながらも、
2年間〜今の話をする方が良いでしょう。

 

読むのも大変な長文メッセージは送らない

 

長文は読むのも返すのも後回しにされがちなので、やめましょう。

 

すっきりとした1文・2文位が、
久しぶりに連絡する出だしとしては良いですね♪

 

 

ここまで7つ紹介しましたが、
全部こうしなきゃいけないとは言いません。

 

こんなアドバイスがあったなと頭の片隅に、
入れておいてください。

 

あなたが彼と2年ぶりに連絡を取り、復縁出来ますように。

 

また、こちらでは、突然の別れから元彼と復縁するまで、復縁成功の体験談をお話しています。


「復縁はもう諦めようと思ったけど、やっぱり彼じゃないとダメ・・・」だと思っているなら、
ぜひ、一読してみて下さい!


>>復縁成功の体験談を読んでみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは元彼と復縁できる!

 

トップへ戻る